So-net無料ブログ作成
検索選択

審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる−裁判員裁判(時事通信)

 全国で裁判員裁判の日程が最後まで未定だった新潟地裁で22日、覚せい剤密輸事件の公判期日が決まった。実施対象の全国60カ所の地裁(支部を含む)で、裁判員裁判の審理が開かれることになった。
 審理されるのは、覚せい剤取締法(営利目的輸入)違反などの罪に問われたロシア人船員の男(42)。公判期日は3月16日〜25日のうち6日間。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

大久保秘書の公判延期=西松建設事件−東京地裁(時事通信)
名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
女流名人位戦、里見が先勝(産経新聞)
ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕−警視庁(時事通信)
暴力団幹部射殺事件、殺人容疑逮捕者39人に(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。